INDEX    RSS    ADMIN

メガネの写真撮影-その3 カメラとレンズについて

勝手に大人気シリーズ「メガネの写真撮影-その3」だぁ~~~!

意外に好評で驚いています(゚д゚)

とある小売店さんから質問がありましたので、そちらを交えてカメラとレンズの話です。

質問.1
「ある眼鏡デザイナーのブログに広角レンズとマクロレンズで撮るのが良いって
書いてあるけど、それでいいかな?」

質問.2
「カメラを買いたいんですけど、何を買っていいのか分からない、お勧めは?」



あくまでも個人的な意見で答えさせて頂きます。

質問.1について。

何方のブログが存じませんし、あえて聞かなかったので文面からの回答です。

ぶっちゃけ、3割正解・7割間違いだと思います。

少々極端かと思います(*´_ゝ`)

ここで言う広角レンズは35mm以下の単焦点レンズで話します。

下の方眼図をご覧ください。

上の方眼図を広角レンズで撮影した物が下の画像になります。

20163221.png

20163222.jpg

隅に行くほど画像は歪んできます。

良い言い方をすればハッタリの効いた画像が撮れますし、

悪い言い方をすれば歪んだ画像です。

小売店さんのブログを見ているとハッタリの効いた画像もありますが、

明らかに歪んだ気持ちの悪い画像も多数みられます。

コチラのブログが広角レンズのゆがみについて分かりやすく描いてあります。

ご参考にして下さい。
http://idling-time.com/rx100m3_magfilter_2/


マクロレンズですが・・・私も今欲しい一本です(。-_-。)

こちらは被写体にギュッとよって撮影するレンズですので

必要に応じて購入すればいいかと思います。

眼鏡全体を撮影するには不向きですが、一部分を切り抜くには綺麗です!


では、これらのレンズがメガネ撮影に必要かと聞かれたら・・・

「欲しかったら買え!予算に余裕が有ったら買え!」です。

なぜなら、

独特な表現が出来る分センスが問われるレンズです。

何でもかんでも単焦点で撮ればいいとは思っていません。

私はdesign88とpls.plsでは意識的に撮り方を変えています。

design88の場合は無機質にハッタリを利かせないように、

pls.plsは竹を強調しハッタリを利かせた様に撮影をしています。

例えば立体的なフレームならハッタリを効かせた方が立体的で

迫力のある画像で、シンプルなフレームにハッタリは効かせず

スッキリと撮った方がそれぞれのフレームの特徴が出せると思ってます。




質問.2について。(すみません、ここまでで予想以上に長文になってしましました。)

お勧めのカメラとレンズですが・・・

カメラ屋さんには沢山のメーカーと機種があり迷いますよね~~(°_°)

ココも独断と偏見で言い切ります!

「コンパクトは要らない、フルサイズかAPC-Sサイズを買え!」です。

フルサイズかAPC-Sサイズ???って方はコチラを読んで下さい。
デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座 http://diji1.ehoh.net/contents/full.html


一眼レフカメラは私が知る限りフルサイズなので説明は省きます。

ここではミラーレスについて購入前の注意ポイントを説明します。

ミラーレスにはAPC-Sとそれ以外があります。

絶対にAPC-S以下は買わないで下さい。

使い慣れ始め「もうちょっと」って思った時に性能的に出ません。

私がカメラを購入したのが2~3年ほど前の話で申し訳ございませんが、

ミラーレスカメラでAPC-Sサイズを採用しているのは

ソニー 富士フィルム キヤノン この三社です。

これ以降に他社に出てましたらごめんなさいm(__)m

レンズはWズームレンズセットやWレンズセットをお勧めします。

標準ズームレンズ+望遠ズームレンズ又は単焦点レンズのセット品です。

ぶっちゃけ望遠ズームレンズはメガネ撮影ではほぼ出番は有りませんが、

家族撮影や風景撮影にはコンデジやスマホの非ではないので楽しいと思います。

購入を検討中はカメラ屋さんにご家族と一緒にご自身のSDカードを持っていき、

店舗でメガネの撮影及びメガネを掛けたご家族の写真(お客様撮影の為)を

沢山、試し撮りを各社各機種のカメラで撮影して下さい。

メーカーによって使い勝手や表現力、色など微妙に違いますので、

これはお好みで決めて問題無いと思います。


ピントの確認が簡単に出来る機能は必須です。

撮影確認でモニターでピッっとピント部分を拡大する機能です。

これが無いとPCでしかピント確認できないので結構めんどくさい!

追加のレンズですが、正直この段階でお勧めしません。

私が使っている富士フィルムの場合ですが、レンズのレンタルをやっています。

追加のレンズが欲しくなったらレンタルで試し撮りをして勝った方が良いと思います。

レンズは結構高いので・・・失敗すると心と財布のダメージがデカいです!


以上、かなり独断と偏見が入っていますが、カメラとレンズの話でした。

これ以上詳しい事はお聞きになりたい方はググって下さい。

この手の情報は沢山ございますので・・・Σ(゚д゚|||)




ランキングやってますのでポチィ(。・・)σっとお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
にほんブログ村

メガネ・サングラス ブログランキングへ
スポンサーサイト

メガネの写真撮影-その2 「良い写真ってなに?」

実は先日ブログで書きました「メガネの写真撮影」のアクセス数や

FBページのリーチ数が私の記憶では最高記録でした(゚д゚)

読まれた方はほぼ眼鏡小売店の方だと思います・・・。

シリーズ化と言うのも憚りますが、私の撮影方法で良ければ

これから、ボチボチを紹介していきます。

プロカメラマンやセミプロ、オタク等のハイスペックカメラマンでは無いので

誰でもできる撮影って感じで書きたいと思います。

使っている道具も知識も初心者ですので、チャチャは無しよ(*ノェノ)

前置きが長くなりましたので本題に入ります。


「良い写真ってなに?」

さて、問題です!

下の写真①と写真②どちらが「良い写真」ですか?

写真①
2016384.jpg

写真②
IMG_1745.jpg



こたえは・・・「どちらも良い写真!」((((;゚Д゚)))))))

オイオイって感じですが、上の写真はそれぞれ目的が違いますから、

良し悪しは無いんです。

物撮りの写真には大まかに分けて3つに分類されます。

(壱) メガネのある風景。
例・カフェ風のテーブルに眼鏡が置いてあったり、モデルを使えっている写真。

(弐) 特徴を切り抜き。
例・そのメガネの特徴的な部分を強調する撮影した写真。

(参) カタログなどの説明。
例・メガネの全体やスペックなど説明などにもちいる写真。

つまり、写真①は(参)の説明写真で写真②は(弐)の切り抜きです。

ここの使い分けがしっかり出来ていないと「良い写真」は撮れません。



お店のブログなどにUPする際に

この写真はどの様に使うか? 誰に見せるか? 等々

例えば新商品のスペック紹介や通販なら写真①ですし、

特定のお客様に紹介したいなら写真②が適切かと思います。



「良く解らん!」って方は自動車のカタログが参考になると思いますよ。

スポーツカーなら、始めのページは自動車が疾走するシーン。

ここではスピード感あふれる写真でワクワクさせます。

中ほどはヘッドライトやテールランプ、流れるようなキャラクターライン、

カッコイイホイールやシート等々スポーツ感がある部分を見せます。

後半は全体像でカラーやスペック、価格の説明画像です。

この様に写真は使う目的によって全く違う物が必要になります。



他にこんな事聞きたいってリクエストがあれば、次はそれを書きますよ!

では、次はカメラやレンズについて書いてみます・・・多分(=∀=)


ランキングやってますのでポチィ(。・・)σっとお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
にほんブログ村

メガネ・サングラス ブログランキングへ

メガネの写真撮影-その1

ホームページやブログをご覧いただいた方に画像について尋ねられます。

「画像、良いですね~! 誰が撮ってるの?」

こういうお声は凄くうれしいです<(_ _)>


pls.plsは半分くらいはYUNSAN社から貰いますが

残りの半分とdesign88の画像は全て私が撮影しています。


写真は好きなので趣味的な感じで撮影していますが

実はメガネの写真は中々厄介なんです。

まずは細い!特にdesign88の様な細いフレームは厄介です。

オートではピントがほぼほぼ合いません(;д;)

プラスチックや太いフレームはその点はオートでピピッと合います。

次はレンズ!これも厄介です(特にサングラス!)

反射しますので、色々な物が写り込んでいます。

例えばコレ↓
160126.jpg
パソコンのモニターやら事務所のグチャグチャやらバッチリ写り込んでいます(ノ_<)

それを撮影ブースをつかうとこんな感じです↓
2016384.jpg
写り込みも無く綺麗に取れています(*^_^*)

しかし、これにも欠点があります。

私が使っている撮影ブースは小さいので眼鏡一枚なら何とかなりますが、

3枚や4枚の撮影になると最低でも1m以上の大きいブースが必要になります。

小さいとレンズの映り込みや影がコントロール出来ません。

なので、多数の撮影は外で撮影する事になります。

しかし、これにも欠点があります。

風でメガネが移動したり、埃や砂が飛んできたりと・・・(T_T)


でも、室内撮影では得られない光加減や

レンズに移り込む風景が良い味を出してくれます。

こんな感じです↓
2016383.jpg
ライトでは得られない光で力強さが感じられると思います。

2016382.jpg
こちらはレンズに移り込んだ空が良い味を出していると思いませんか?


男一人が撮影機材を持って植物園や公園でメガネを撮影している姿は

なかなか微笑ましいと思いませんか?(;一_一)

こんな感じで、皆様にお見せできる画像を撮影します。



ランキングやってますのでポチィ(。・・)σっとお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
にほんブログ村

メガネ・サングラス ブログランキングへ

プロフィール

SUGIMOTO DESIGN STUDIO

Author:SUGIMOTO DESIGN STUDIO
取扱ブランド
design88 pls.pls. MONOQOOL

弊社は眼鏡企画を営んでおりデザイン・企画立案から生産まで対応できます。
特定の工場は持たず、適材適所の工場と提携しお客様のご希望に添える商品をお届けします。
デザイン・企画立案・生産等、単体依頼も可能です。
他社で「出来ない」と言われた物が有ればご相談ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

facebook

カレンダー

02 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR